橘屋の記録

色々な日常的な呟きとヲタ話。腐ネタ嫌いな方は見ないように

がっくり来ちゃいました

ずっとお友達だと思って、親友だと思って

相談にも乗ったし、体調悪くて車運転できないから…って言われて【できることがあれば手伝うよ】と彼女の旦那様からも「すみませんがよろしくお願いします」と言われたからもあって
ここ2年くらいずっと送迎したり買い物行ったりしてた。

最初は、おはよーのスタンプから始まり、今日●●に用事があるので行きたいんだけど…いいかな?っていう感じから

ラインスタンプ連打に変わり

夜中にまでラインが来るようになり

先生と相談して「しばらく運転でちょろちょろするの控えてって言われたから、通院とかどうしてもってときは言ってね」と言ったら

 

自分で行けたんじゃねーか…。

バスとかパニック起こすから乗れないんじゃなかったのかよ…。
自転車あるんじゃんよ。

 

 

それをつたえてからスタンプ一個も来なくなり、2週間ほど何事もなく。( ノ゚Д゚)おはようもなく。

時折「どう?体調は…」「大丈夫?…」「あたしは今洗濯終わったところ…」が何度か来たくらい。

うん。その「…」は探り行為ですよね。

さっくりお断りしました。遊びたい、買い物行きたい。ストレス発散したい。

それはいいけど、5日間あったら5日間ずっとあなたと一緒です。

疲れたのですよ。はい。

そして今週、2回ほど買い物と病院で迎え行ったんだけど、その時に飲んだジュースが置きっぱなし。

病院の帰り、彼女を送り届けた後「あ、これこの間ののみ残しなんだけど」って言ったら

 

「あ、ごめんねー。捨てといてくれる?ありがとねー」

 

と彼女が車から降りて行った。

 

いや、普通そこ「あ、ごめんね。持って帰るわ」じゃないの?何で家の前まで来てて貴方のゴミを私がわざわざ自宅にまた持って行って捨てるのかしら?

 

下にみられてたのか~

都合よくつかわれてたのか~…

 

友達だって思ってたけどその一言で気付いたよ~。

さすがに病気で鈍くても気づくよ…

 

解離が悪化してしまい今も視界が回って気持ち悪い。

先生が日程をわざとずらしてくれた。「彼女、ここへも自分で来れるって言ってましたから、もし当日連絡きてもスルーしてください」

 

了解しました先生。その日は寝てます。

 

はぁ。

 

娘だけじゃ飽き足らず母親までそういうことしてくんのかよ~

 

がっくりしちゃったよ。

 

お題「好きなお笑い」

最近のお気に入りはノンスタ石田さん♥
なんといってもあの切り返し、行動力、感性にそして判断力。

どれをとっても一流だと思います。

あの「謝罪会見」は最高に素晴らしかったwwww

久しぶりに声あげて笑いましたわ。

 

あとはメイプル超合金のカズレーサーさん☆

あの奇抜さと摩訶不思議と破天荒さ。ほんとお友達になりたい。

 

「街で見かけた変わった大人にまさか自分がなるとはな」

最高です。

安藤なつさんの鋭い突っ込みと、あの奇抜さに対しておくさない勢い。

最高ですね~。

 

たまに夜中見ては変な声出して笑ってます(笑)

 貼り付け失敗した(笑)

 ないところから生まれ

球となり、石となり何かを失ったものを器にして

段々と人となっていく。

仲間と新しい村を発見したかった彼
その彼の唯一の友だった狼
大人になりたくてお母さんになりたくて生きようとした少女
その少女を殺すはずだった満身創痍の巨大熊。

 

久しぶりに泣きました。

あの少女の様に強くありたい

そして「彼」に同じよう強くなってほしい。

 

 

悩むことは

以前お会いしたやんちゃ和尚様。
本当に素晴らしい人でした。できればもっと早くにお会いしたかった。

私の病気の根底は
【母親】というキーワードで成り立っています。

それは自分であったり、私の実母であったりします。

 

私は産まれてから母に抱かれたのは見せびらかすときだけで、良く肌着のまま一人部屋で泣いていたそうです。

やがて酒に酔った父親の虐待に周りが気付き、諸々あって児相が入りました。
それを機に親が離婚する際親戚中をたらい回しにされました。

小学校3年生のころやっと親と一緒に暮らせるようになったときには

母娘というより他人に近いものでした。

欲しいものを欲しいと正直に言えない。妹のように明るく接することができない。

自分の伝えたいことはすべて【言い訳】で殴られ、蹴られ、叩かれました。

 

好きになったことは片っ端から否定され、「お前は何もできない使えない女」とよく言われました。

土日、夏休み等の長期休暇は両親ともに仕事のため、朝起きてご飯を作り、洗濯をして掃除機をかけ、洗濯を干す前に布団を干す。そして干した洗濯物が乾くまでつかないテレビを横目に妹にお昼を作り、洗濯ものを取り込みたたんで、しまう。
布団はしっかり埃を叩き戻す。

そうすると今度はお風呂掃除。
夕飯のご飯を炊いて親を待つ。

テレビが付かないのは「テレビを見ると何もしなくなるから」という理由。

アイドルやドラマ等々話も合わなくなり、なおさら見せてもらえるものはかろうじてドリフかひょうきん族。もしくはニュースのみ。
だからどんどん友達がいなくなる。

 

 

色々こみ上げるものの中に「絶対こういうことはしたくない」という決まりを作った。

このまま生きていくために自分の中に大きな囲いをどんどん作っていった。

①自分の子供ができたら【一番やりたい】ことは応援する

②自分の子供ができたら【子供の行事】を大切にする

③自分の子供ができたら【楽しい何でも言える】お母さんになる

④自分の子供ができたら…

 

その決まりを書きながら泣いた夜。

 

住職様は笑いながら言いました

「貴方は表面上は親だからと許したつもりでいるだろうけど、貴方は赦してないんだよ」

 

確かにそうかもしれない。

何も親と思い出のない私と親と常に一緒にいた妹と。

不自由な私と自由な妹。そして弟が生れ。

私は彼が小学校に上がると同時に家を出る。

 

失敗もたくさんした。やっちゃいけないこともあった。

でも誰からも何も言われない瞬間があることがうれしかった。

 

だから許す、という事を考えたことはなかった。

 

人は歳をとると昔の話をよくしてくる。

私にも当然してくる。

ごめんね、ごめんね。

 

わかってるよ、大丈夫だよ、ありがとう。

 

でもね、

それは私の言葉じゃないよ。

めんどくさくてそう返事してるだけなんだって気がついちゃったんだよね。

 

ほんとは全然許せない。赦せてない

そんな自分が一番汚いと思う。

そんな自分を仕方ないと思う。

そんな自分が可愛そうと思う。

そんな自分が一番嫌いと思う。

そんな自分を認めるしかない。

 

 

5つに分かれた感情を子供がどう見てるのか。

反面教師でありたい。

ちゃんとした教師でありたい。

親になりたい。

それが怖い。

 

今一番の悩むこと。

旦那にも子供にも愛されてるのかちゃんと愛せてるのかわからないという事。

 

我が家のわぬさま

f:id:nachan-punipuni:20170713102733j:plain我が家のわぬ様は2013年の12月8日。娘の通う小学校脇でキョンキョン鳴いているのを保護しました。

私が帰ろうとするとぽてぽてついてきて、トラック往来の中も付いてくるのでだっこして歩いて帰ったら、連絡しておいた旦那が笑って「絶対抱っこして帰ってくると思った」と言われたのにはムカついたw
しかし、我が家にはわぬようのものなど何もない。ネットで近くの動物病院に電話をして連れていく。

メス・洋犬ミックス。大体3か月くらい。捨てられてからたぶん3~4時間くらい(拾ったのは8時ごろ)
怪我もなく元気だったのでとりあえず警察にも保健所にも連絡するが3か月たっても連絡もなく。保健所に至っては「7日間はお預かりできますが、そのあとは…ねえ」と意味深にいうのでカチンと来て「それって、言葉悪いけど軽い脅迫ですよね」というと「そうなっちゃいますね~」
「じゃあもうこの子、うちの子なんで」

と啖呵切って飼うことになったのです(笑)

f:id:nachan-punipuni:20170713102959j:plain我が家の子になったよ、と言ったら心なしか安心したようです。

ここでやっと名前を決めることができました。【おんぷ】と【きり】(霧がすごい日だった)の二種類が上がったのですが、音階の【キィ】霧の【き】をとってそのまま「きぃ」さんになりました。

f:id:nachan-punipuni:20170713103301j:plain今では4歳になろうというところです。推定10月生まれ、雌。脱走歴2回。怒られまくったこの3年間。
でも色々なところに出かけたね。
これからもいろいろ出かけて、あんたを捨てたバ飼い主に幸せを見せつけてやりたいね。

うちに来て幸せかどうかはわからないけど。

少なくとも、私たちはちくわが好きとかいう君が好きだよ。

 

ビビりで、猫にも鳥にも餌とられてもあったかい目で見つめてる

雷嫌いで、雨が嫌いで。ナメクジみて飛び跳ねて。

キュウリの苗齧りまくって怒られてたって。

 

まあ、君は君だな(笑)

我が家にふさわしい。わぬさんだよ。

自分が迷子

中に何度も小刻みに起きるので毎日眠いです。

眠すぎて、7時間の間に4~5回は起きるお昼寝をする。
あまり意味がない('ω')

そうなると自分の存在意義不安になる。

子供いるし

いつまでもグダグダできないけど。

 

でも本当に今何をするべきなのか

どうしたいのか

何をしたらこれが満たされるのか

わからない

 

病気を超えて私自身が迷子なのかもしれません

病気の事

こんばんにゃです。

橘屋です。
何を書いたらいいのかよくわからなかったので、ほかではあまりかけない病気の話をしたいと思います。

 

精神疾患である離人症と、解離性人格障害、不安神経症とあります。

離人症はまるで自分が見てるもの、聞いてるもの、いる存在自体に強い違和感があります。

例えば今みんなと飲みに来ていろいろ話をしてるとします。

ももちろん話をしてますが

「私が」話してることを「私が」見てるような感じです。

幽体離脱っぽいですよね(笑)
それが離人です

目で見てるものも「自分が見てる」よりちょっとずれた感覚で見てる。

不思議です。

解離性のほうは俗にいう「多重人格」です。

私は感情が別々のものになってしまったことから「脳内会議」と呼んでいます。

名前があったり、表出てきたりという事はありません。

医者曰く「主人格の私」が離人なので【私】という存在が強いからだろうとのことです。

意味が分かりませんね(笑)

そんなわけでは自分の中に「短絡」と「仲裁」と「悲観」と「楽観」がいます。

それと合わせて私の5人はいつも脳内で会議しています。

うるさいです。

「こいつらうるせぇな」とたまにつぶやいてたりすると完全にやばい人ですよね(笑)
まさにそれです

 

事情があってなった病気ですが、治療始めて2年。動きは浅いです。

原因は虐待とネグレクト。純粋な愛情不足からだと思います。

だから自分の子供にだけはそうはしたくない。

そんな私の日常も時々織り交ぜていきたいと思ってます。

 

これが厄介です。