橘屋の記録

色々な日常的な呟きとヲタ話。腐ネタ嫌いな方は見ないように

離人だなあ

最近自分の一人称がコロコロ変わる。

 

 

 

 

君たちだぁれ?

 

 

 

命というもの

命というものはとても軽くて重いもの

誰かの手によって消されるものもあれば、自分で消えてしまうもの

戦って戦って失うものもあれば、何もしないのに勝手になかったことにされるものもある。

 

あるとき

寒い冬でした。雲の流れも早くやたらと空が青かった。

寒さで白くなった手を擦りながら開けた教室は、吐く息よりも白く
尖った色をしていた。

 

何故机の上に花があるんだろう。小さな花瓶に小さな増加の菊の花
黒い縁取りをした額の中にはいつの時のだろうか笑っている顔が悲しい。

それにきれいに白と黒でリボンをかけてくれた。誰か。

 

そして濃い緑色した黒板に「死んでくれてありがとう」と名前付きのメッセージ。

昨日まで挨拶してくれた友人と思っていたモノたちが笑いながら儀式を行う。

なんちゃってのお経を唱える野球部のイガグリ頭。

お焼香のまねをしてチョークの粉を用意してあるのか列をなし。

 

声のない悲鳴が脳内を蔓延するころ

 

だれも止められないまま、【本人不在の葬式】が始まる。

悲鳴がサイレンの様に鳴り響き涙も声も出ないまま廊下に走り出した。

 

助けて助けて助けて助けて。

シラナイ間に自分が殺されている。

少なくとも自分のクラスで共に過ごしてきた人達は自分が死ぬことをこんなにも楽しそうに祝う様に望んでいた。

 

絶望という色なのか暗い闇に目の前が見えない。

鼓動とサイレンのような心の悲鳴と、吐き出せない呼吸。呼吸する事を拒絶する自分

 

死ねばよかったのかな。

どこかで

死ねばよかったのかな。

今ココで

 

ほんのすれ違いから勘違いから、確認されることすらなく、否定されることもなく

疑われていた自分。

命を否定されるような事をした覚えもない自分。

 

遠くでなるサイレン

遠く遠く遠のいてしまえばいいと思った、微かな意識の中で。

 

誰も追ってこなかった。

 

冗談のわからない奴、冗談だったのに。冗談でやっただけなのに

チクってると思ってた。どうせ俺らを見下してた

 

違うんだよ。と今なら言えるだろう。

でも

皆の心はきっと

自分が何を言っても変わらなかっただろうね。

 

私を殺すことで一致団結したあのクラスのあの日の出来事は

今も私を苦しめている。

 

知ってほしい。

 

イジメられた側は永遠に忘れない。

イジメた側は「冗談だった」「悪気はなかった」「やりすぎただけ」と口実を作っては忘れていく。

 

私は大人になった。

子供があの頃の自分と同じ年になろうとしている。

無視して、あの日あざ笑った親友と思っていたモノ達のあの顔を

私は一生忘れない。

 

大人になってもあの絶望は忘れない。

受け入れることなどできない現実。

それでも私は彼らを赦した

 

赦された彼らが

 

その後どうなるかわかっていたから赦せた。

 

 

今、時折思い出すが

あれだけ立派な葬式を挙げてくれた元友人たちのあの喜色満面な笑顔。

鏡で見せてやりたかったな。

どんな顔してたかなんて

楽しんで人の不幸喜んでる自分たちだけじゃわからないものだからね。

 

 

生きてる今。

まだ心が疼くし、痛むときもある。

イジメの話を聞くたびに思うよ

 

遊びの延長上で人の命を軽く見てるなあ。

 

 

今は昔よりもっともっと

 

命の価値が下がってる。

下がって下がって。地に落ちたら

 

 

また誰かのお葬式が行われるのかな。

 

 

私のように

 

 

 

夏休みは親には修行の時期なのです

解離障害が進んでしまい、挙句夏休み初日からいきなり風邪をひくという大技を披露してしまった。

 

ほとんどの日数を臨終状態で過ごし、可愛そうになったので気合で何とか映画銀魂を観に。咳はなかったから何とか観れたかな~~。

でもやばいほども面白かったー。本買っちゃったし(笑)

 

 これもまた読みごたえがあって面白かったけど、この後笑うと咳がひどくなり病院に行くことになりました(笑)

そのあとは祭りだーなんだーとばたばたして、実家行脚に回り、毎日出かけて1週間ちょっと。

いま全力で精神力が弱ってるのがわかる。

 

帰ってきて最初に医者に行ったら「解離現象が起きてるから、ぐらっと来り何か様子がおかしくなったらメモるようにね」と言われてしまった。

ストレスと疲れと…ああ。夏休みは本当に長い

 

ちなみにこの間はいったプールが激冷たくて、子供たちはよく平気だとしみじみ流れてきました

 

今年は天気悪かったなー。

 

がっくり来ちゃいました

ずっとお友達だと思って、親友だと思って

相談にも乗ったし、体調悪くて車運転できないから…って言われて【できることがあれば手伝うよ】と彼女の旦那様からも「すみませんがよろしくお願いします」と言われたからもあって
ここ2年くらいずっと送迎したり買い物行ったりしてた。

最初は、おはよーのスタンプから始まり、今日●●に用事があるので行きたいんだけど…いいかな?っていう感じから

ラインスタンプ連打に変わり

夜中にまでラインが来るようになり

先生と相談して「しばらく運転でちょろちょろするの控えてって言われたから、通院とかどうしてもってときは言ってね」と言ったら

 

自分で行けたんじゃねーか…。

バスとかパニック起こすから乗れないんじゃなかったのかよ…。
自転車あるんじゃんよ。

 

 

それをつたえてからスタンプ一個も来なくなり、2週間ほど何事もなく。( ノ゚Д゚)おはようもなく。

時折「どう?体調は…」「大丈夫?…」「あたしは今洗濯終わったところ…」が何度か来たくらい。

うん。その「…」は探り行為ですよね。

さっくりお断りしました。遊びたい、買い物行きたい。ストレス発散したい。

それはいいけど、5日間あったら5日間ずっとあなたと一緒です。

疲れたのですよ。はい。

そして今週、2回ほど買い物と病院で迎え行ったんだけど、その時に飲んだジュースが置きっぱなし。

病院の帰り、彼女を送り届けた後「あ、これこの間ののみ残しなんだけど」って言ったら

 

「あ、ごめんねー。捨てといてくれる?ありがとねー」

 

と彼女が車から降りて行った。

 

いや、普通そこ「あ、ごめんね。持って帰るわ」じゃないの?何で家の前まで来てて貴方のゴミを私がわざわざ自宅にまた持って行って捨てるのかしら?

 

下にみられてたのか~

都合よくつかわれてたのか~…

 

友達だって思ってたけどその一言で気付いたよ~。

さすがに病気で鈍くても気づくよ…

 

解離が悪化してしまい今も視界が回って気持ち悪い。

先生が日程をわざとずらしてくれた。「彼女、ここへも自分で来れるって言ってましたから、もし当日連絡きてもスルーしてください」

 

了解しました先生。その日は寝てます。

 

はぁ。

 

娘だけじゃ飽き足らず母親までそういうことしてくんのかよ~

 

がっくりしちゃったよ。

 

お題「好きなお笑い」

最近のお気に入りはノンスタ石田さん♥
なんといってもあの切り返し、行動力、感性にそして判断力。

どれをとっても一流だと思います。

あの「謝罪会見」は最高に素晴らしかったwwww

久しぶりに声あげて笑いましたわ。

 

あとはメイプル超合金のカズレーサーさん☆

あの奇抜さと摩訶不思議と破天荒さ。ほんとお友達になりたい。

 

「街で見かけた変わった大人にまさか自分がなるとはな」

最高です。

安藤なつさんの鋭い突っ込みと、あの奇抜さに対しておくさない勢い。

最高ですね~。

 

たまに夜中見ては変な声出して笑ってます(笑)

 貼り付け失敗した(笑)

 ないところから生まれ

球となり、石となり何かを失ったものを器にして

段々と人となっていく。

仲間と新しい村を発見したかった彼
その彼の唯一の友だった狼
大人になりたくてお母さんになりたくて生きようとした少女
その少女を殺すはずだった満身創痍の巨大熊。

 

久しぶりに泣きました。

あの少女の様に強くありたい

そして「彼」に同じよう強くなってほしい。

 

 

悩むことは

以前お会いしたやんちゃ和尚様。
本当に素晴らしい人でした。できればもっと早くにお会いしたかった。

私の病気の根底は
【母親】というキーワードで成り立っています。

それは自分であったり、私の実母であったりします。

 

私は産まれてから母に抱かれたのは見せびらかすときだけで、良く肌着のまま一人部屋で泣いていたそうです。

やがて酒に酔った父親の虐待に周りが気付き、諸々あって児相が入りました。
それを機に親が離婚する際親戚中をたらい回しにされました。

小学校3年生のころやっと親と一緒に暮らせるようになったときには

母娘というより他人に近いものでした。

欲しいものを欲しいと正直に言えない。妹のように明るく接することができない。

自分の伝えたいことはすべて【言い訳】で殴られ、蹴られ、叩かれました。

 

好きになったことは片っ端から否定され、「お前は何もできない使えない女」とよく言われました。

土日、夏休み等の長期休暇は両親ともに仕事のため、朝起きてご飯を作り、洗濯をして掃除機をかけ、洗濯を干す前に布団を干す。そして干した洗濯物が乾くまでつかないテレビを横目に妹にお昼を作り、洗濯ものを取り込みたたんで、しまう。
布団はしっかり埃を叩き戻す。

そうすると今度はお風呂掃除。
夕飯のご飯を炊いて親を待つ。

テレビが付かないのは「テレビを見ると何もしなくなるから」という理由。

アイドルやドラマ等々話も合わなくなり、なおさら見せてもらえるものはかろうじてドリフかひょうきん族。もしくはニュースのみ。
だからどんどん友達がいなくなる。

 

 

色々こみ上げるものの中に「絶対こういうことはしたくない」という決まりを作った。

このまま生きていくために自分の中に大きな囲いをどんどん作っていった。

①自分の子供ができたら【一番やりたい】ことは応援する

②自分の子供ができたら【子供の行事】を大切にする

③自分の子供ができたら【楽しい何でも言える】お母さんになる

④自分の子供ができたら…

 

その決まりを書きながら泣いた夜。

 

住職様は笑いながら言いました

「貴方は表面上は親だからと許したつもりでいるだろうけど、貴方は赦してないんだよ」

 

確かにそうかもしれない。

何も親と思い出のない私と親と常に一緒にいた妹と。

不自由な私と自由な妹。そして弟が生れ。

私は彼が小学校に上がると同時に家を出る。

 

失敗もたくさんした。やっちゃいけないこともあった。

でも誰からも何も言われない瞬間があることがうれしかった。

 

だから許す、という事を考えたことはなかった。

 

人は歳をとると昔の話をよくしてくる。

私にも当然してくる。

ごめんね、ごめんね。

 

わかってるよ、大丈夫だよ、ありがとう。

 

でもね、

それは私の言葉じゃないよ。

めんどくさくてそう返事してるだけなんだって気がついちゃったんだよね。

 

ほんとは全然許せない。赦せてない

そんな自分が一番汚いと思う。

そんな自分を仕方ないと思う。

そんな自分が可愛そうと思う。

そんな自分が一番嫌いと思う。

そんな自分を認めるしかない。

 

 

5つに分かれた感情を子供がどう見てるのか。

反面教師でありたい。

ちゃんとした教師でありたい。

親になりたい。

それが怖い。

 

今一番の悩むこと。

旦那にも子供にも愛されてるのかちゃんと愛せてるのかわからないという事。